So-net無料ブログ作成

不可解な隣人 [本]

残暑が厳しいざんしょー (挨拶)


暑い夜は寝苦しくもなります。
眠れない夜は、昔ながらの方法、「ヒツジカウント」で安眠確保。

01眠れないときは.jpg

…この方法で寝られた験しがありません。

てか、私は寝つけなくて困ったことはありません。
横になればすぐ寝られます。 普段から何も考えてないから



       *     *     *



今回は、ホビーズではなくて関くんのお話です。

中央線の広告を見て気になっちゃったので、早速手にとってみました。

となりの関くん』。 授業中に、ひたすら遊んでいる少年の話です。

02隣の関くん.jpg

彼の遊びは普通じゃありません。

消しゴムを並べてドミノとか、考えたことはありますが

03ドミノ.jpg

私は、ここまではやりませんでした。

しかも関くんはコレで終わらない。

04完成.jpg


脱帽。



…いや、さらに。 机の端の円筒形に注目。



05仕上げ.jpg


(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)

この後どうなったかは、コミックスでご確認くださいな。


彼は万事こんな調子で、

将棋を持ち出せば

06将棋.jpg

囲碁をやり始めたと思ったら

07囲碁.jpg

チェスまでも

08チェス.jpg


クラスの中で手紙を回した経験がある方は多いと思いますが、

09郵便屋.jpg

こういう人は見たことがない ヽ(´ー`)ノ

注意しようとしても

10公務員?.jpg

意に介さず。

何か設備も本格的にやっちゃうし。

11ポストまで.jpg

関くんすげえ。



きょうの にゃんこ

12猫.jpg


ここも 関くん ψ(`∇´)ψ

漆黒じゃなくて極黒。 [本]

HUNTERとか、ベルセルクとか、先が気になる作品はありますが
すっかり作家が描かなくなっているものは、もうどうでもいいっていうか。


で、今一番 続きが気になって気になってしょうがないのがコレ

極黒のブリュンヒルデ

00コミックス.jpg


舞台は現代日本(長野県)で、ジャンルはSFになるんでしょうか。

高校生の主人公 村上くんは、とある自然災害で命を落としかけますが

01大岩.jpg

それをきっかけに、「魔法使い」の存在を知ることになります。

ヒロイン 寧子(ネコ)は、破壊系の魔法使い。
しかしその技はイマイチ使い勝手が悪く

02ネコの魔法.jpg

パワーのコントロールが利きません。

そして使えば使うほど 「大切なもの」 が失われていき

03ににんが.jpg

おバカになっていきます。

ちなみに、彼女がどうやって魔法使いになったかというと

04手術と薬.jpg

…ということです。
なりたくてなったわけではなく、人体実験の結果なんですけど。

さらに、彼女らには別のハンデも。

1日1錠のペースで、特殊な薬を飲み続けないと生きていけません。

05鎮死剤.jpg

主人公と出会ったときには、既にもう残り少なく

06あと10個.jpg

07二人の寿命.jpg

仲間と2人であと5日の命となっていました。

こんな状態で、「魔法使い」の回収をもくろむ謎の組織 と戦っていくのです。

一緒に行動する仲間もいることはいます。

予知能力者 佳奈。
予知と言っても そんなに都合のいいものではなく、限られた範囲でしか発動しません。

08カナの予知.jpg


「ネットの世界で何でもできる」 カズミ。
絵的には地味だけど、今のところ一番役立っている能力です。
でも戦闘要員にはなれません。

カズミの魔法.jpg


位置替えの魔法使い 小鳥。
自分と相手の位置を、一瞬でチェンジします。
単純に入れ替わるだけで、しかも1日1回限定。 それを見た皆の反応は

09小鳥の魔法.jpg

ま、こんな感じ。

このメンバーで

10キカコ.jpg

口から波動砲を放つようなヤツらと戦うのですから、知恵を絞らないとお話になりません。

迫る追っ手。命のリミット。魔法使いたちは常に崖っぷち。
そりゃー手に汗握る展開になるわけですよ。


今月出たばかりの3巻では、ちょっとイカレた 頼もしそうな味方が出てきて

11小五郎.jpg

どう絡んでくるのか、楽しみな感じになってきました。
4巻 早く早くっ!(≧▽≦)


なお、この作品は結構スプラッタな場面も多いので、血が苦手な方にはオススメしません。
もー、ダラダラです。ひぃぃぃぃぃ。

私はどっちかと言うと、平和な日常シーンのほうがお気に入りですけど。

12おっぱい代.jpg

何でしょうね?

4姉妹農業物語 [本]

以前、私の中では神奈川県がブームでした。

イカ娘、BAMBOO BLADE、ビブリア古書堂、とめはね 等、
神奈川県を舞台にした作品をよく読んでいたのです。

最近 急上昇しているのが長野県です。

極黒、ノノノノ、清澄高校のアレ(笑)、そして今回のメイン 『JA』


サブタイトルに「女子によるアグリカルチャー」と付いている通り、
姉妹による農業生活を主題とした物語です。

なにしろ表紙がこれなので

01JA1カバー.jpg

絵柄の時点で、手に取るのに抵抗を感じる方もいると思います。
まあ、そういう方は無理しないでください。

内容を見れば、尾田栄一郎原哲夫では この味は出せないと
わかってもらえると思うんですが。



主人公は4姉妹の三女、「ひなげし」。
元気だけがとりえ という、典型的な主人公キャラです。

父親の再婚で東京から引越してきて、姉妹に仲間入りした、
という設定なので、知らない世界に飛び込んで

02衝撃映像.JPG

驚いたり

03大豆と枝豆.JPG

驚いたり

04牛乳.JPG

驚いたりすることが彼女の役割です。


姉妹の長女は「(やしろ)」姉さま。

体力担当で、とにかくパワフルなお方です。

05ヤシ姉という人.JPG

06お姉さま暴走.JPG

お化けが苦手 という一面もあるのですが、
姉妹の怪談パーティーでは

07ヤシ姉の怪談.JPG

大トリで まさかの伝説を作ったりします。


次女「」は、齢13にして家事歴10年という、一家の世話役。

08繭という人.JPG

本編中では器用貧乏と紹介されていますが、
たぶん 作者さんは「器用貧乏」の意味を勘違いしてます
私には 「苦労性」 のほうがしっくり来る感じです。

お年頃ゆえに 恋バナ なんかも出てきます。

09繭の恋.JPG

しかし、最後はこんな終わり方になります。

10恋の結末.JPG

何が起きたかは、ぜひとも実際に読んで御確認いただきたく。


末っ子「りんご」は、性格的には最も私に近いキャラで

11りんごという人.JPG

学校の実習中でもこの調子。
アニメをゲームに置き換えれば、他人という気がしません。

年齢は6歳ながらも、誰よりも物知り で、その上

熊に出遭ったり

12死んだ1.jpg

炎に飛び込んだり

13死んだ2.JPG

冷気に包まれたり

14死んだ3.JPG

と、誰よりも 命の危険 を味わっています。


ひなげし以外の三姉妹は、東京に行ったことがありません。

そのため、それぞれが独自のイメージを持っていて

15東京のイメージ.JPG

そのまんまの性格付けとなっております。


さらに、この家には「諭吉」というペットがいます。

16諭吉さん.JPG

見た目がこうなので勘違いされやすいですが

17諭吉さんの正体.JPG

種族は ニャーと鳴く生物です。



それ以外の登場人物も なかなか個性的でして

18きのこ.JPG

いい感じに物語を盛り上げてくれます。

19チョコ作り.JPG



ちなみに、一番のお気に入りエピソードは、1巻のショートショートです。

ひなげしに回ってきた授業中の手紙と

20都庁.JPG

そこから広がる妄想で

21都庁ロボ1.JPG

22都庁ロボ2.JPG

ドハマりしてしまいました。




・・・つまり、ひなげしと精神年齢一緒。

しょうがないでしょ。

おおおおっ!と思ってしまったのは事実なのだから。

終わる話、続く話 [本]

ドサクサに紛れて翼くん出すか~?(謎)


リオ閉幕しましたね。
ということで、気になるのはオリンピック男 日暮巡査が既に登場したかどうか。

 「 2016 日暮 」

で検索してみても、それっぽい話がないので、まだなのかな。
そこだけはジャンプ見たいな。




オンラインゲームを整理して、さーて今度はオフラインの・・・と言いたいところですが

その前に、ゲームに集中している間に、すっかり遅れてしまった
コミックスのほうに追いつきたいと思っています。

ふと気が付けば、

極黒は終わってるし
イカ娘は終わってるし
ころせんせーも終わってるし

一方で

ベルセルクは再開したようだし
ハンターは再開したようだし(また休載とのYAHOOニュースもありましたが)

スクエニのポカで休載してたハイスコアガールも再開したようで

01大野さん.jpg

例のしゃべらないヒロイン“晶”が戻ってきたー!
早く続きが見たい~!



でも再開の「さ」も聞こえないのもありまして・・・

ビィトってもう復活しないんでしょうかねえ。
もう話もおぼろげで、確か
勇者が育つ前に魔王のほうから次々に襲いに来る話
だったような?
なんか七つの傷だか星だかがどーとか。うん、完全に忘れてるわ。

NANA も、まだ復活見通し立たないのかなあ。
もともと悲劇のつもりみたいだけど
今 途切れてるところは、さすがに救いがなさ過ぎる。
せめてもうちょっと落ち着くところまで進めて欲しいんだけどなー。



と、そんな環境の中、極黒が終わってしまって
「今のイチバン」を見失ってしまったので、次を探しています。
まさか、あんな見るからに打ち切りなドタバタした収束になるとは
予想もしなかったので、次こそ いいものを見つけたい。
やっぱヴァルキュリア戦で終わっておくべきだったよ


で、現時点の最有力候補は 『ふしぎの国のバード』。

タイトルを見たとき、いわゆるファンタジー世界を旅する吟遊詩人の物語かな
思ったのですが、いざ手に取ってみたら全然違くて(笑)、

02ノミにやられる.jpg

でも、これはこれでいいじゃん、となりました。

03バードさん.jpg

まだ巻数が少ないので、この先どうなるか わかりませんけど。



もう1個、『大正野球娘。』 というのも気に入ってます。
淑女教育の時代に、野球に取り組む女学生の物語です。

04バットが重い.jpg

その中にいる知将が、なんともいい味を出していましてね。

05頼もしき策士.jpg

最初はギャグキャラのノリで登場しながらも

06消える魔球.jpg


07養成ギプス.jpg

なかなかどうして頼もしい。

そして、策に溺れて自分でその報いを受けるあたりは
ヤッターマンシリーズの懲りない悪役みたいで

08黄昏の科学者.jpg

いいねー。 こういうキャラ大好きよ。

惜しいのは、既に完結しているので、当然ながら先がないこと。
原作があるみたいだけど、続編って出てるのかなあ。

09夕日を見ながら.jpg

あるなら ぜひ見てみたい。